消す
PAGE TOP
カテゴリー

婚活における2:6:2の割合について

 

 

 

婚活の目標は・・・、結婚ですよね?

いきなり何を言ってるねん・・・と思われたかと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

結婚するために結婚相談所に入会してるやんか!

こんな声も聞こえそうです・・・・

 

 

 

 

 

 

でも、現実はどうかというと、本当に婚活と言える行動をしている人は全体の約3割にも満たないような気がします。

 

 

 

私の見る限り、

〇 毎日お相手探しを地道に行い、出来るだけ多くの人とお見合いをする人が20%

〇 1か月に1人~5人くらいの相手に申し込み、たまにお見合いをする人が60%

〇 結婚相談所に入会して安心して何もしない人が20%

 

 

 

 

 

 

2:6:2の割合・・・・

この数字は、結婚相談所で婚活をした時に必ず出てくる数字なんです。

 

 

 

 

 

 

言い換えると、2割の人がすんなり結婚して、6割の人が仲人の助けを借りて何とか結婚をする人達・・・そして、あとの2割は結婚が出来ず退会する人・・・・

 

 

 

 

 

 

多分ですが、この割合はどの分野にでも当てはまると思います。

 

 

 

 

 

 

例えば、フィットネスクラブに入会した会員さんの2割の方はきちんと通って成果を出し、あとの6割の方はサボりながらジムに顔を出して、体型はあまり変わらず・・・

残り2割の方は幽霊会員となってフィットネスクラブの肥やしになると・・・

 

 

 

 

 

 

あなたはどうですか?

もしかしてちょっとドキっとしたのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

勉強でもスポーツでもそうですが、実績を残す人の多くは、必ずと言って良いほど行っていることがあります。

先日、王位・棋聖のタイトルを獲得した藤井聡太 二冠もそうなんです。

 

 

 

 

 

 

あの天才と言われる藤井二冠も行っていること・・・

それは・・・、継続なのです。

休まずコツコツ将棋の勉強をする・・・

 

 

 

 

 

 

皆さんは棋士の勉強時間を知ってますか?

藤井さんのような天才でも、対局の無い日は1日7時間~8時間も将棋の勉強をするそうです。

日頃は学校もあるので、5時間くらいしか勉強が出来ないと仰っているようですが、それでも凄いですよね。

 

 

 

 

 

 

結果を残す人達は、継続する天才なのかもしれません。

誰しも結果を残したいと思っていると思います。

でも、なかなか成果が表れないので、嫌になって諦めてしまうのは皆同じなのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

あと、目標を達成する人達の特徴として、絶対言い訳をしないことが挙げられます。

自分に言い訳をしてしまうと、気持ちが萎えるのをよく理解しているからだと思います。

 

 

 

 

 

私もそうですが、サボりたい時ほど自分に都合の良い言い訳を考えるものです。

また、やらなければならないのに後回しにするのも同じことですね。

 

 

 

 

 

 

人は自分の楽な方へ自然と行ってしまいます。

それが間違っていると分かっていてもです・・・。

もっと言えば、『自分のやり易いようにしてしまう』と言えば分かりやすいでしょうか・・・・

 

 

 

 

 

 

これは何を意味するのかというと、過去(ダメだった実績)と同じ行動を取ってしまっているので、未来において成果を生まない行動パターンだと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

本当に結婚するためには、過去のダメだった自分と決別する覚悟と勇気が必要ではないでしょうか?

今までと同じようなことをしているから、出会いが無いし、彼氏や彼女が出来ないのです。

 

 

 

難しいことはありません。

自分の行動の中に、ほんの少し未体験の行動を入れるだけなのです。

最初は怖いかもしれません。

出来るのかと不安になることもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

色々と考えてしまって悩んだ時・・・

そんな時は、133人の方とお見合いをした私に相談をして下さい。

そのために仲人がいるのですから(笑)

 

 

 

 

 

 

あなたとお会い出来る日を楽しみにしています。

 

 

ブログが面白いと思って頂けたら応援クリックお願いします!


婚活ランキング

 

 

 

神戸の婚活やお見合いならえんむすび屋のtopへ戻る

 

 

 

 

posted by:えんむすび屋